老眼とは

MENU

目の老化について

老人男性イラスト

女性がお肌に気をつけるように、目にも気を使えば老化を遅らせることは可能だと思います。
ここで、少し目の仕組みについて紹介します。


目はカメラの構造と非常に良く似ており、眼内には、水晶体というレンズがあります。
カメラのオートフォーカスのように、遠くのものを見るときには、水晶体は薄くなり、近くのものを見るときには膨らんで厚さを増します。
その結果、カメラで言うフィルムに相当する網膜に自動的に焦点を合わせ、最終的にはハッキリした像を脳で認識します。


40代前の、まだ老眼になっていない人の水晶体は弾力があり、元来膨らむ性質があります。
ところが40代を越える頃から、この水晶体は硬くなり、弾力性が落ち、膨らみづらくなるため、焦点の合う範囲が狭くなります。
遠くが見える、いわゆる目の良い人は、近くがぼやけて見えづらくなり、近眼で、もともと近くが見える人はメガネをかけて遠くが見える状態では、近くがぼやけて見えづらくなります。


これが老眼です。老眼は、年齢とともに誰にでも起こる老化現象です。
お肌も同様に老化で確実に衰えますが実年齢肌よりも若く見える人がいるように、この老化現象の流れを少しでも遅らせることができないだろうかというのが、老眼対策のポイントになります。

ではなぜ水晶体が硬くなるのでしょうか?

それは加熱により代謝が落ちて、老廃物が蓄積したり、水晶体の組織そのものが変性するためといわれています。