老眼を予防する・遅らせる方法

MENU

老眼を予防する方法

老人イラスト

とても健康的な生活を送っていたとしても、老化は避けられません。
しかし、目の健康に気を配れば、若々しさは長続きまします。
ここでは、少しでも目の老化にかかわるマイナスの要因を減らすには、どうしたらよいかを考えたいと思います。


人は情報の90%を目から取り入れているといわれています。
見えるということは光が眼内に入るからで、そのときに太陽光の下では紫外線も同時に眼内に入ります。

目の中の水晶体というレンズが、紫外線を受けると、フリーラジカルという活性酸素が発生します。
その結果、水晶体のたんぱく質はその酸化作用により変性し、硬くなり弾力がなくなってくる、つまり衰えてくるのです。

したがって、予防法の一つとしては、紫外線をなるべく避けるということになります。


紫外線予防法はサングラス

目への紫外線予防といえば、サングラスがあります。まぶしさの予防のみがサングラスをかける理由ではなく、紫外線をカットして目の衰えを防ぐという大きな意味もあるのです。
日頃からUV加工のサングラスをかけて、紫外線をカットしましょう。
また、色が濃いサングラスと薄いサングラス、どちらも同程度紫外線をカットする能力がるとしたら、色が薄いサングラスのほうが、紫外線の影響を抑えるという意味では有利です。
その理由は、角膜(黒目)の中心には、瞳孔という眼内に光が入る孔がありますが、この瞳孔は光の強さに反応し、明るければ縮み、暗ければ開きます。


色の濃いサングラスは、光がさえぎられ、暗くなるために開き気味になります。したがって、瞳孔が大きくなると光が眼内に入る領域が広がるため、同程度の紫外線カット能力のレンズでは、色が濃いほうが不利なわけです。
また、光はレンズの正面から目に入ってくるだけではなく、上下左右のレンズのスキマから直接、または頬で反射した光が間接的に入ってきます。彫りの深い外国人スポーツ選手が目の下にくまのように黒いラインを入れているのはその反射を減少させるためです。
老人イラスト
一方、ゴーグルタイプのサングラスは光が入る隙間はありませんので、色が濃くても大丈夫です。
つまり、サングラスを選ぶもう一つのポイントは、オードリー・ヘプバーンが、映画、ティファニーで朝食を出かけていたような、目の回り全体を覆う、なるべく大きなレンズです。
また、顔に当たる紫外線の全体量を晴らす目的で帽子をかぶるのも有効です。
その意味ではへぷバーンのつばが広い帽子も最適です。


へぷバーンは紫外線対策のプロということになりますね。さらにつけ加えると、紫外線の料は1年を通して、5月から7月が最も多くなります。
そして、オゾンそうの分布の変化とあいまって、7月のピークに向けて徐々に強くなります。
したがって、4月に入ったら紫外線予防、すなわちサングラスと帽子が大事なアイテムになり、これが白内障、老眼の予防につながるということがいえます。


目によい注目の栄養素ルテイン


目の衰えを、進行させる活性酸素を発生させるものは、紫外線だけではありません。
排気ガス、タバコ、電磁派、加工食品などの外的な要因のほか、生理的な状態でも発生します。
人間の体には、活性酸素を除去する機能も備わっていますが、活性酸素が異常に蓄積されたり、加齢によりその除去作用が弱まることにより、活性酸素の悪い影響に抵抗しきれなくなってしまいます。


そこで、目の老化を防ぐには、体を酸化させないような食べ物を外部から取ることも有効になってくるのです。
活性酸素から身を守る働きをする物質、つまり、酸化を防ぐ物質を、抗酸化物質といいます。


目の老化を防止するのはどんな食べ物?

食べ物では、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどを含むものが、抗酸化物質として働きます。
また、最近、注目されているのが、ルテインです。ルテインは、目の横班部に多く存在していて、目を老化させる紫外線を吸収したり、活性酸素を除去したりして、目を保護します。
ルテインは体内では作ることができないので、食べ物からとるしかありません。
ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。特に、ケール、ほうれん草、ブロッコリー、メキャベツなどに豊富です。
サプリメントを上手に利用して摂取するのも一つの方法です。