老眼と疲れ目の違い

MENU

老眼と疲れ目の深い関係

女性イラスト

目がショボショボする、目が重たい、目の奥が痛む、目がかすむ、、、。
これらは、すべて、疲れ目のサインです。
同時に、40歳を過ぎているようであれば、まだ目の調節力が残っています。
ですから、弾力性の落ち始めた水晶体や、その水晶体を支える毛様体筋を必死に使えば、近くのものに焦点を合わせることができます。


しかし、頑張って焦点を合わせようとすればするほど、目を酷使することになり、目は疲れます。
老眼と疲れ目は非常に密接な関係にあるのです。


ただし、老眼による疲れ目は、50代半ばくらいから楽になります。50代半ばになると、どんなに頑張ってもめの調節力が効かなくなります。
老眼鏡をかけるしかありません。老眼鏡をかければ、一生懸命に目の調節力を働かせる必要がなくなるので、必然的に老眼による疲れ目は減ってくるわけです。


もしも、40〜50代で疲れ目がひどい場合には、老眼が進行している可能性があります。早めに眼科を受診しましょう。
その上で、老眼鏡をかければ、しつこい疲れ目にさよならできます。


40代中ごろの女性でよくある、そして苦労するケースは、遠くが良く見える、いわゆる若い頃から目が良いと自他ともにに認めていた方で疲れ目を訴える方です。
具体的には、目のおくが思い、目頭が重くいたい、頭痛がする、首肩がこる、光がまぶしい、時に吐き気がするといった症状です。


これらは典型的な老眼の症状です。


調節力の低下は10代から徐々に、そして確実に始まっています。それにもかかわらず40代前半までは老眼を意識する人が少ないのは、目の調節力は急激にではなく徐々に低下していくからです。
そして、30〜40センチの距離が見づらくなったときに始めて老眼を意識するようになったり、その後は加速度的に近くが見づらくなっていきます。


調節力の低下は65歳くらいまで進み、焦点が合う距離は、どんどん遠くなっていきます。
遠くが良く見える状態で本や新聞、あるいはパソコンのディスプレイを30〜50センチ話したときに、文字がぼやけたり、かすんだりしたら、老眼のサインです。


そのほか、目が疲れる、目のおくが重い、肩がこる、頭痛がする、吐き気がする、光がまぶしい、なども、老眼の典型的な症状です。
もしも、40歳を過ぎて、いくつか当てはまるものがあれば、老眼が進行しつつあると考えてよいでしょう。
老眼かな?と思ったら、目の健康を見直すいい機会だと考え、早めに眼科を受信して、老眼だけでなく、白内障など、目の老化をチェックしてもらいましょう。