白内障・緑内障への有効性

MENU

白内障・緑内障の治療にも

白内障

白内障は年齢とともに水晶体(レンズ)がにごって視力障害が起こる病気で、原因は紫外線や化学物質が指摘されている。


生活に支障をきたすほど視力低下が起こった場合は、眼内レンズの手術が一般的で、日本では約50万件も行われている。
これまでは、水晶体は一度にごると元に戻ることはないとされる。
しかし、臨床試験において、ルテインと薬剤の併用でほとんどのケースで症状が改善している。


そのため日本での眼科医は、手術無しで症状が改善することは、今までの医学常識ではありえなかった。
少なくとも初期の白内障であればルテインと投薬で、十分に症状を改善できると結論付けている


緑内障

緑内障は白内障と並んで多い目の病気で、約200万人の患者がいるといわれる。
緑内障は、さまざまな原因で、眼圧が異常に上がり視神経を圧迫して、視野が結婚したり視力が低下する。


臨床試験結果では、ルテインでほとんどの人の眼圧が正常値まで下がってきている。視力も改善した例が多く見られる。
ルテインの緑内障に対する効果は研究途中であるが、少なくとも点眼薬による眼圧のコントロールが、しやすくなったと結論付けている。